• DJI

  • DJI Power 1000

  • ポータブル電源

    • 定価:円
    • 販売価格: 99,990 円(税込)
    • ポイント:1,000pt (1,000円相当)
    • 商品の状態:新品
      送料:全国無料
      代引き手数料:全国無料

    • この商品は会員様特価で更にお得に
      ↑クリックで特価ページへ(要ログイン)
    数量:

    【在庫あり】PM17:00までの
    ご注文(決済完了)で最短地域は にお届け

    お振込みはご入金確認後発送です。

  • カートに入れる
  • この商品のお問合せ
  • ※表示価格の誤表記、商品の生産完了などでご注文をキャンセルさせて頂く場合がございます。また、無料特典がある場合は後送になる可能性がございますので予めご了承ください。
    最短お届け日はこちらをご確認ください

    DJI Power 1000 関連商品

    DJI Power ソーラーパネル アダプターモジュール (MPPT)

    DJI Power ソーラーパネル アダプターモジュール (MPPT)

    新品

    8,800円(税込)

    Zignes 120W ソーラーパネル

    Zignes 120W ソーラーパネル

    新品

    48,840円(税込)

    商品の詳細
    安定した大容量AC出力
    DJI Power 1000は、バッテリー容量1024Whで、最大2000WのAC出力を誇ります (※1)。
    ※1:製品のバッテリー残量が20%以上の時に、使用可能。

    DJI製ドローンを急速充電
    別売の充電ケーブルを使用すると、DJI Power SDC超急速充電機能 (※2) で
    特定のDJIドローンのバッテリーを急速充電できます。
    ※2:この機能には、別売のアクセサリーが必要です。

    様々な充電オプション
    家庭用電源、太陽光発電 (ソーラーパネル)、車内電源ソケットといった3種類の方法で充電できます。
    屋内でも車で外出中でも、状況にあった充電方法を柔軟に選択できます。

    ・家庭用電源
    コンセントに挿すだけで簡単に充電できます。

    ・太陽光発電
    DJI Power ソーラーパネル アダプターモジュール (MPPT) もしくはDJI Power 車内電源ソケット - SDC 電源ケーブルで、
    ソーラーパネルに接続し (※3)、環境に優しい太陽光充電を行えます。
    *DJI認定ブランドZignesのソーラーパネルを使用することをお勧めします。DJI Power 1000は、最大800Wの
    太陽光発電電力入力に対応し、太陽光発電で充電した場合、約1.35時間〜2.8時間ほどで完全充電できます。(※4)

    ※3:DJI Power 1000は、最大2つのDJI Power ソーラーパネル アダプターモジュール (MPPT) に接続でき、
    それぞれ最大3枚のソーラーパネルに接続できます。
    これにより、同時に最大6枚のソーラーパネルをDJI Power 1000に接続することができます。
    さらに、DJI Power 車内電源ソケット - SDC 電源ケーブルを介した場合は、1枚のソーラーパネルに接続できます。
    ※4:別売のDJI Power ソーラーパネル アダプターモジュール (MPPT) とソーラーパネルが必要です。
    DJIの公式推奨品以外のソーラーパネルを使用する場合は、ソーラーパネルコネクターから
    XT60インターフェースへ変換する必要があります。MPPTやポータブル電源が損傷することを防ぐため、
    ソーラーパネルの開放電圧が30V未満になっているか確認してください。
    1枚のXT60インターフェースに接続する各ソーラーパネルの出力電力は200W以下、
    全てのMPPTモジュールに接続するソーラーパネルの合計出力電力は400W以下にしてください。

    ・車内電源
    別売のDJI Power 車内電源ソケット - SDC 電源ケーブル (12V/24V) を使用すると、
    カーチャージャーを介して充電できます。

    UPSモードで、シームレスに給電を継続
    電化製品が電源の入ったDJI Power 1000にAC出力ポート経由で接続され、両方ともに家庭用電源から
    電力が供給されている場合、DJI Power 1000はデフォルトでUPS (無停電電源装置) モードに入ります。
    急な停電が起きた場合でも、0.02秒以内に接続しているデバイスへ給電を開始でき (※5)、継続した運転を可能にします。
    ※5:本データは、DJIのラボ環境下で測定。

    超静音動作
    DJI Power 1000のノイズレベルは、充電中でも23dB (※6) と低く、ほとんどの家庭用冷蔵庫より静かです。
    静かな環境で使用する場合でも、騒音を気にする必要はありません。
    ※6:DJI Power 1000から100cmの距離をとった状態で、標準充電モードで充電した場合の測定値で、あくまで参考用です。

    2つのUSB-C出力ポート (最大140W)
    DJI Power 1000には2個の140W USB-C出力ポート (※7) が搭載され、合計出力電力は最大280Wを誇ります。
    USB-Cポートを搭載したほとんどのデバイスの電力需要を容易に満たし、最大140WのPD 3.1急速充電規格での
    電源供給に対応し、16インチのMacBook Proも充電できます。
    ※7:各USB-Cポートは140Wの最大出力に対応。充電するデバイスがPD 3.1プロトコルに対応し、
    EPR (拡張電力域) の仕様に合致したUSBケーブルを使用する必要があります。

    様々なポートを搭載
    USB-Aポート×2、AC出力ポート×2、SDCポート×1、SDC Liteポート×1、1/4インチねじ穴×2を搭載。
    様々な種類の電源ケーブルやアダプターケーブルと接続することができ、
    多様な電源供給方法や充電方法のニーズを満たします。


    【仕様】
    容量:1024Wh
    正味重量:約13kg
    サイズ:448×225×230mm (長さ×幅×高さ)

    ポート数
    AC出力×2
    USB-C×2
    USB-A×2
    SDC×1
    SDC Lite×1
    AC入力×1

    最大動作高度:3000m

    出力
    AC出力:AC 100〜120V、50/60Hz、最大連続出力:2200W
    ※製品のバッテリー残量が20%を超える場合、最大連続出力2200Wを達成できます。
    AC出力データは、国や地域によって異なります。
    日本国内では、電圧が100Vであるため、日本版の最大連続出力電力は2000Wになります。

    AC出力 (バイパスモード):AC 100〜120V、12A、1440W

    USB-A出力
    5V、3A
    9V、2A
    12V、2A
    最大出力電力 (チャンネル毎):24W

    USB-C出力
    5V、5A
    9V、5A
    12V、5A
    15V、5A
    20V、5A
    28V、5A (EPR)
    最大出力電力 (チャンネル毎):140W*
    *USB-Cポートは140Wの最大出力に対応しています。充電するデバイスがPD 3.1プロトコルに対応し、
    EPR (拡張電力域) の仕様に合致したUSBケーブルを使用する必要があります。

    SDC & SDC Lite出力
    SDC:9〜27V、最大電流:10A、最大出力電力:240W
    SDC Lite:9〜27V、最大電流:10A、最大出力電力:240W
    ※SDCポートとSDC Liteポートの両方が拡張アクセサリーに対応しています。

    入力
    AC入力:AC 100〜120V、1200W (充電)、1440W (バイパスモード)

    SDC & SDC Lite入力
    SDC:DC 32〜58.4V、最大400W、8A
    SDC Lite:DC 32〜58.4V、最大400W、8A
    ※SDCポートとSDC Liteポートの両方が拡張アクセサリーに対応しています。

    バッテリー
    電池の種類:LFP電池 (リン酸鉄リチウムイオン電池)
    サイクル回数:4000サイクル以降は、70%以上のバッテリー容量を維持します。
    ※25℃の室温環境下で、600W標準充電モードで充電し、1000Wの出力時に測定した値です。

    電力供給温度:-10℃〜45℃
    充電温度範囲:0℃〜45℃
    保管環境温度:-10℃〜45℃


    【同梱物】
    ・DJI Power 1000×1
    ・DJI Power AC電源ケーブル×1