VC-1-SC

●拡大イメージを表示

  • さまざまなフォーマットを柔軟に変換可能です。

  • Roland

  • VC-1-SC

  • スキャンコンバータ

    • 定価:円
    • 販売価格: 165,000 円(税込)
    • ポイント:16,500pt (16,500円相当)
    • 送料:全国無料
      代引き手数料:全国無料

    • この商品は会員様特価で更にお得に
      ↑クリックで特価ページへ(要ログイン)


      別のコンディションをチェック
      アウトレット品がございます。
    数量:

    【在庫あり】PM17:00までの
    ご注文(決済完了)で最短地域は にお届け

    お振込みはご入金確認後発送です。

  • カートに入れる
  • この商品のお問合せ
  • ※表示価格の誤表記、商品の生産完了などでご注文をキャンセルさせて頂く場合がございます。また、無料特典がある場合は後送になる可能性がございますので予めご了承ください。
    最短お届け日はこちらをご確認ください

    VC-1シリーズ 関連商品

    VC-1-DL

    VC-1-DL

    115,500円(税込)

    VC-1-SC 外装不良品

    VC-1-SC 外装不良品

    129,800円(税込)

    VC-1-SH

    VC-1-SH

    71,500円(税込)

    VC-1-HS

    VC-1-HS

    71,500円(税込)

    商品の詳細
     

    3G/HD/SD-SDI、HDMI、RGB、コンポーネント、コンポジット対応

    デジタル信号のSDI、HDMIの入出力はもちろん、RGB、コンポーネント、コンポジットの各種信号の入力にも対応。
    さまざまなフォーマットを柔軟に変換することができます。
    SDIは3G/HD/SDの各種フォーマットに対応。最大で1080pの高画質の入出力に対応します。
    ※ロスレス変換には非対応です。

    3G/HD/SD-SDIとHDMIを同時出力
    VC-1-SCは変換されたフォーマットをSDIとHDMIで同時出力。

    多機能なスケーラー
    VC-1-SCの搭載したスケーラーは、アップ/ダウン/クロス/スキャン・コンバート、フレームレート変換※、
    I/P変換、アスペクト変換の各種処理がおこなえます。
    ※フレームレート変換はフレーム・リピート/スキップの簡易変換です。

    リファレンス対応
    リファレンスを入力すると、FSとして動作します。

    過酷な現場での運用に耐える設計。堅牢性と放熱性も確保。
    外装プレートには、厚さ2个離▲襯濮悩爐鮑陵僂垢襪覆鼻⊃鐔蠅坊牢性を考慮したヘビーデューティー仕様です。
    SDI端子、HDMI端子は本体ケースにネジ止め、オーディオ端子は、本体ケースにナットで固定し耐久性を向上させています。
    各端子にはLEDの入出力インジケーターが配されており、信号状況を一目で確認可能。
    また、放熱効率の良い設計により、長時間の連続使用を考慮、信頼性を追求しました。

    ライブにも、編集システムへの組み込みにも対応するフォルム。
    外装プレートのくぼみを利用して、三脚のステーなどにベルト類で固定させることが可能。
    ライブ時の快適な取り回しを実現します。
    また、専用ラック・マウント・アダプター (別売品) に装着することで、編集室などのラックに固定させての常設運用にも対応。

    HDCP付きHDMI信号に対応。
    VC-1シリーズは、HDCPに対応。HDCPを利用したシステムに容易に組み込むことができます。
    例えば世界初のHDCPソース対応ビデオディレイ VC-1-DLでは、入力したHDCP付きHDMI信号を、
    ディレイさせたりフレームシンクロナイズして、HDCP付きでHDMI出力、テレビやプロジェクターなどに入力できます。
    ※HDCP付きHDMI信号をSDI信号に変換できません。
    ※HDCP付きHDMI信号はHDMI対応の編集・録画機器で録画することはできません。
    *2012年10月当社調べ。

    音と映像を組み合わせたワークフローに対応。
    オーディオ・エンベデッド機能およびオーディオ・ディエンベデッド機能を搭載 (ch選択可能)。
    オーディオ・エンベデッドでは、オーディオ信号を入力してSDIやHDMI出力に乗せることができます。
    オーディオ・ディエンベデッドでは、SDI信号やHDMI信号の音声のみ出力することが可能です。
    また、デジタル(AES/EBU)入出力に対応しているので、業務用音響機器のデジタル音声を入出力でき、
    信号の受け渡しの際の劣化がない、高品質な音声システムを構築できます。
    もちろんアナログ入出力にも対応しており、多種多様なオーディオ機器と音声が受け渡しできます。

    現場ではディップスイッチでシンプルに。編集室ではPC接続で詳細に。
    側面のディップスイッチをピンなどでスライドさせることで、変換の方向性などの設定が手軽に行えます。
    また、PCとVC-1をUSBケーブルで接続し、PC操作で詳細に設定することも可能。
    設定用のソフトウェアは、ローランド・ホームページからダウンロードできます。